Menu

プレゼント

自分の本当に贈りたい物を

引き出物は外部から購入したものを持ち込みするという方法もあります。持ち込みするときは追加料金がかかることが多いので、料金については注意しなければなりません。確実に持ち込めるように期限や方法も注意する必要があります。

ボックス

返礼品の定番

定番の結婚祝いのお返しは、食器類の他、食料品や日用品などの消耗品です。自分では買わないような少し高価なお菓子やコーヒーなどは、相手からも喜ばれています。日用品ではタオルの他、最近では入浴剤が若い女性向けとして人気があります。

女性

特別な品を贈るには

通販なら、様々な種類の内祝いギフトの取り扱いがあるので贈りたい相手に合わせてしっかりと選べます。また、名入りギフトなどを贈ることも可能なので特別感のあるものを贈れて素敵です。口コミ情報などを参考にすれば、失敗せずに購入出来ます。

カタログ

贈る方ももらう方も得

引き出物にカタログギフトを使う人が多くなっています。贈りても選ぶのが楽ですし、もらう側も自分の好きなものを選べます。以前は贈り手が楽をしているとみられるときもありましたが、最近は定番化して逆に希望されるときもあります。

ギフト

節約するために行う

引き出物のコストを節約しようと持ち込みをするときがあります。これにより、式場が提案する高いものを利用しなくて済みます。しかし手数料がかかるため、トータルで安くなるかどうかを考えないといけません。無料にしてもらえる時もあります。

差がわからないようにする

ギフト

包み紙を同じにする

結婚式の引き出物を選ぶのは大変です。苦労して選んだとしても、すべての人が喜んでくれるわけではありません。選ぶのが難しい時、つい頼ってしまうのがカタログギフトです。冊子上のギフトを贈ると、もらった人はその中から好きなものを選ぶことができます。金額が決められていて、その金額相応のものがもらえるようになっています。同じ業者がいくつかの金額のものを用意してくれているので、引き出物をカタログギフトにすると差が浸けやすくなります。お祝い金は出席者によって異なり、これまでの世話のなり方も出席者によって異なります。世話のなり方は単に自分自身への世話のなり方だけでなく、その家の関わりになります。ほとんど話したことがない親戚でも、親等とのつながりが強いのであれば高めのものを用意した方がいいでしょう。引き出物にカタログギフトを使うときには、金額を分けて渡すことがありますが、その時は中身が分かるようにしてはいけません。わからないようにするのがマナーです。もらったとき、ある人は赤いパッケージで別の人は緑のパッケージだとします。するとそれぞれ中身が違うように感じます。どちらが多い少ないはわかりませんが、もらう側からすると気分を損ねます。引き出物にカタログギフトを使うのであれば、包みの外からわからないようにします。注意は渡す人が間違えて渡さないかどうかでしょう。表から見てすべて同じ様にすると、区別がつかなくなります。渡す人が分かるような区別ぐらいはつけておきましょう。

Copyright© 2018 引き出物選びは慎重に行なおう【冊子上のギフトを贈る】 All Rights Reserved.